トッテナムはギャレス・ベイルをレアル・マドリーからシーズンローンで獲得したと発表した。

ローンの延長オプションも付随しており、背番号は9に決まっている。

元エースの帰還が決まったスパーズのサイトは一時ダウンしたほど。そのベイルの復帰後初となるインタビューの様子がこちら。

やはり嬉しそうな様子。動画51秒~では、爆笑シーンもあるぞ。

また、スパーズはレアルからDFセルヒオ・レギロンも獲得。こちらは5年契約で背番号は3になった。

ただ、『football.london』によれば、レアルはレギロンを買い戻す条項を付帯させたとのこと。2021年夏か2022年夏にレアルが買い戻すことができるというもので、トッテナムは1,500万ポンド(20億円)ほどの利益を得るとか。ただ、レアルが買い戻すにはレギロンの合意も必要になるようだ。

【関連記事】実は「買い戻し条項」がある、意外な11名の選手たち

リヴァプールはウォルヴァーハンプトンからポルトガル人FWディオゴ・ジョタを長期契約で獲得したと発表。背番号は20になった。

一方のウルヴスはリヴァプールから18歳のオランダ人DFキ=ヤナ・フーフェルを獲得。こちらの背番号は2となっている。