ついに発売が近づいている、人気サッカーゲームシリーズの最新作「FIFA21」。

それを展開している「EA Sports」は10日、ゲームに収録されている選手のレーティングを公開したぞ。クールな映像とともに。

今回最も高くなったのはバルセロナへの残留を決めたリオネル・メッシ。93と設定されたのはゲーム中1名だけだ。

そして2位はユヴェントスで今なお活躍を続けるクリスティアーノ・ロナウド。彼には92の数値が付いているぞ。

それに次ぐ91となったのは4名で、ロベルト・レヴァンドフスキ、ケヴィン・デ・ブライネ、ネイマール、そしてゴールキーパーのヤン・オブラク!

残りの4名はレーティング90で並んでおり、フィルヒル・ファン・ダイク、キリアン・エムバペ、モハメド・サラー、そしてサディオ・マネだ。

プレミアリーグを制覇したリヴァプールから10人中3名が選出されているぞ。

なお、他に90で並んでいるのはアリソン、テア・シュテーゲンの2名。

【関連記事】10月発売『FIFA21』PS5&新Xboxでの「超リアルな映像」がこれ

89なのがセルヒオ・ラモス、マヌエル・ノイアー、セルヒオ・アグエロ、カリム・ベンゼマ、カゼミロ、ティボー・クルトワの6名だそうだ。