いよいよ今週末に開幕する2020-21シーズンのプレミアリーグ。

すでにチェルシーが歴史的大型補強を行っているが、他チームも10月16日のデッドラインデーまでには動きを見せるはず。 

久々にプレミアの舞台に戻ってきたリーズは、PSGからの引き抜きを狙っているようだ。

『RMC Sports』によれば、リーズはドイツ代表MFユリアン・ドラクスラーを説得しようとしているとか。

シャルケで育成されたドラクスラーは2017年にPSGに加入。いきなりこんな超ゴールを連発するなど特大のインパクトを放った。

うますぎ…。まさに格の違いを見せつける一発だ。

【関連記事】プレミアリーグ、「歴史上最悪」の駆け込み移籍ワースト10

ただ、その後は大型補強のあおりを受けて、存在感は低下。パリとの契約は残り1年になっているが、プレミア参戦はあるのだろうか。