現在欧州各地でUEFAネーションズリーグの試合が行なわれ、各国の代表チームが鎬を削っている。ドイツ代表はスペインとのビッグマッチを行い、1-1で引き分けている。そのハイライトがこれだ。

その一方、ドイツのウッパータールという街でそれと肩を並べるほどに興味深い国際試合が行なわれたようだ。

『eluniversal』によれば、対戦したのはドイツ代表とオランダ代表。

プロサッカーの過剰な商業主義を批判するグループに共鳴したアマチュア選手が集結し、スパイクと靴下のみで試合を行ったのだ。その模様がこれ。

この躍動感、凄まじい…。

プロサッカー界ではユニフォームやボールなど様々なものが広告となっており、選手の移籍金も急激に高騰を続けている。その過剰なビジネスの側面が批判されることも。

【関連記事】驚くべき筋肉をつけたサッカー選手10名、その「変化」を見る

それに抗議するこの運動は3週間前にスタートし、その一環として「広告は必ずしも必要でない」と裸でもサッカーが出来ることを証明した…といえるだろうか。