かつてローマの「プリンチペ(王子)」として知られたフランチェスコ・トッティ。

現在はクラブを離れたものの、ローマで妻イラリー・ブラージと様々なビジネスを行いつつ、8人制サッカーのアマチュア選手としても活躍中である。

トッティ家族は今年新たに無毛猫を飼い始め、豪邸の中でともに楽しく生活しているようである。

しかし先日、その愛猫が外でネズミを捕まえて家の中に入ってきてしまったようで…トッティらは箒を持って追い回すことになったそう。その際の映像がこれ。

ローマの下部組織でプレーしている息子のクリスティアンも、棒を持って参戦!

【関連記事】ピルロ新体制のユヴェントス「今こそ補強すべき大物」5名

クエンティン・タランティーノの映画のようなオープニング…そしてそれぞれに長物を手に大捕物を繰り広げるものの、結局逃げられてしまったようだ。