かつて横浜F・マリノスで指揮を執っていたことで知られるフランス人監督エリック・モンバエルツ氏。

日本を去ったあとは2019年の夏にオーストラリア・Aリーグのメルボルン・シティで監督となっていた。

2019-20シーズンにはレギュラーシーズンで2位と好成績をあげ、先日行われたグランド・ファイナルでも準優勝。首位を独走したシドニーFCを相手に延長まで持ち込んだが、PK戦の末に惜しくも敗れている。

先制点を決めたように見えたものの、VARでの判定でオフサイドが取られ認められないという場面も…(動画34秒~)

そしてこの試合が終わった数日後、メルボルン・シティは「モンバエルツ氏が家庭の事情で退任する」と公式発表した。

新型コロナウイルスの影響によって家族から長らく離れることになってしまったモンバエルツ氏は、このタイミングで故郷に帰ることを希望。残った契約を解除することに両者が合意したとのこと。

【関連記事】日本人を「表記ブレ」で悩ませるサッカー界10名の超スター

なお、かつてオーストラリア代表のセンターバックとして活躍したパトリック・キスノルボ氏がアシスタントから昇格し、モンバエルツ氏の後任となるという。