UEFAネーションズリーグでオランダらと戦うイタリア代表。

アズーリの未来を担う若手として期待されているのが、ローマの22歳ニコロー・ザニオーロだ。彼は190cmの体躯を持つ、左利きの攻撃的MFだ。

かつてローマの王子として君臨したフランチェスコ・トッティもその才能を高く評価している。『La Repubblica』に対してこう述べたそう。

フランチェスコ・トッティ

「ザニオーロは偉大な選手になれる。彼は新世代のなかで最も澄んだ才能を持っているよ。

人としてもピッチ上でも成熟しなければいけないが、あまりに長くかかってしまっては使い物にならない。どんな20代にも起きることだ」

また、プレッシャーをかけないためにも、ザニオーロと自分を比較するのは止めるべきとも提言していたとか。

デカいのに強いだけでなく、上手くて速いザニオーロ。その凄さが分かる化物ゴールがこれ。

これは年間ベストゴール級!格の違いを見せつける衝撃的な一撃だった。

【関連記事】才能を無駄遣いした10人の天才たち

なお、ボスニア・ヘルツェゴビナ戦を控えるイタリア代表はMFサンドロ・トナーリの離脱を発表している。