10月で39歳になるズラタン・イブラヒモヴィッチがミランとの契約を1年間延長した。

彼は来季2020-21シーズンは背番号を21から11に変更する。『Milan TV』に対してこんな話をしていたそう。

ズラタン・イブラヒモヴィッチ(ミランFW)

「俺は常にミランでプレーしていた気がする。他のチームにいた時でさえね。

最初に契約した時、ミランは常によくしてくれたし、俺を笑顔にしてくれた」

「背番号11について?ミラニスタたちは俺をこの番号で覚えている。

俺も21番だとこれまでようなイブラを感じられなかった。俺が11番を要求した。これが俺の番号だ」

昨季ミランに復帰して21番を着けたイブラ。ただ、以前着けていた11番がしっくりくるようで自ら背番号変更を要求したそう(ファビオ・ボリーニの退団で空き番号に)。

そのイブラの第一次11番時代の伝説シュートといえばこれ!(以下動画36秒~)

シュートの速さがおかしい…。GKが動けるはずもない。

【関連記事】DFなのに背番号「11」を着用した11名のサッカー選手

イブラはアヤックスで背番号9番、ユヴェントスで9番、インテルで8番、バルセロナで9番、PSGで18番と10番、マンチェスター・ユナイテッドで9番と10番、LAギャラクシーで9番を着けた。