中島翔哉が所属しているFCポルトは1日、「リオ・アヴェからイラン代表FWメフディ・タレミを獲得した」と公式発表した。

メフディ・タレミは1992年生まれの28歳。イランの名門ペルセポリスで4シーズンプレーし、ゴールを量産。イラン代表でもエースに定着したスター選手だ。

2017年にはヨーロッパへの移籍を求めてクラブとの契約を拒否したため、様々なチームと噂に。浦和レッズに加入するという報道もあった。

しかしその後2018年にカタールのアル・ガラーファへ移籍し、次年度にポルトガルリーグのリオ・アヴェへと加入している。

そして2019-20シーズンは欧州初挑戦ながらも18ゴールを決め、ポルト戦でもこんな冷静なゴールを叩き込んでいる。

187cmの体格に高いテクニック、レベルの高いシュートを持つアジア屈指のストライカーだ。

【関連記事】「アジア最高のサッカー選手で組む最強ベストイレブン」

中島翔哉も今週ついにチーム練習へ合流。このままFCポルトで勝負の2年目を迎えることになるのか注目される。