およそ10年、日本サッカー界の先頭を走ってきた“鉄人”長友佑都。

盟友・本田圭佑は既に日本代表からの引退を発表したが、長友は33歳になった現在も第一線での活躍を続けている。

その長友といえば、鍛え上げられた肉体もまた彼の代名詞。170cmという小柄な彼が欧州の名門インテルなど世界の舞台で躍動できたのも、デビュー以前から鍛錬を重ねたことの成果であろう。

しかし、長友はまだ進化の歩みを止める気持ちはさらさらないようだ。

今回、乳製品メーカーの森永乳業が開始した「ビフィズス菌トレプロジェクト」に参加することが決まり、その動機や目的を明らかにした。

“鉄人”と呼ばれる彼にも辛いことがあったのだとか…。「ビフィズス菌トレ」にはその改善を期待しているようだ。

ちなみに「ビフィズス菌」は1899年に赤ちゃんのおなかから発見された菌で、人の腸内(大腸)に最も多くすんでいる「善玉菌」のこと。

一方「ビフィズス菌トレ」とは、ビフィズス菌を50年以上にわたり研究してきた森永乳業が提唱しているプログラムだ。

ビフィズス菌をただ摂取するだけではなく、さらに「知識」「食事」「運動」「こころ」を組み合わせて毎日の生活に取り入れることで、カラダの内側と外側の両面から大腸の腸内環境をより強く、より健やかな状態へと鍛えていく。

これにより腸内環境を改善し、「人生100年時代」をかがやく笑顔で生きていけるようにサポートするプロジェクトとなっている。

なお、森永乳業のYoutube公式チャンネルには、免疫力アップを目的とした長友のトレーニングの様子が公開されている。

これはかなりガチ…。しかしさすがは現役Youtuberとあって説明も分かりやすいぞ。

長友は今夏ガラタサライを退団し、現在まだ所属クラブが決まっていない状況だが、新シーズンは「ビフィズス菌トレ」を取り入れた彼の進化した姿に期待したい。

【関連記事】長友佑都、「天才にも程がある」と思った“異次元”の選手とは

そしてあなたも、ビフィズス菌研究のパイオニア・森永乳業のノウハウがたっぷりつまったビフィズス菌トレを日々の暮らしに取り入れ、全身の健康を手に入れてみてはいかがだろうか。

森永乳業
https://www.morinagamilk.co.jp/learn_enjoy/b-kin-training/