2012-13シーズン以来となるUEFAチャンピオンズリーグ優勝を果たしたバイエルン・ミュンヘン。

シーズン中に指揮官交代に踏み切ったチームとは思えないほど圧倒的な強さを見せつけた。

ここでは、バイエルンが誇るマッスルキングたちの体を見てみる。

ロベルト・レヴァンドフスキ(184cm80kg)

ロベルト・レヴァンドフスキ(184cm80kg)

ポーランドが誇る世界最強のスーパーストライカー。

バレーボール選手だった母からはバレーボールを、柔道家でかつてはフットボーラーでもあった亡父クシシュトフさんからは柔道とボクシング、そしてフットボールの薫陶を受けた。

空手家である夫人のアナさんは栄養学のプロ。そういったことから、本人も食や睡眠を極めるなど、ストイックにサッカーを突き詰めている。

ゲームではなく読書を好む知的派であり、ワルシャワ体育大学を修了した大卒選手でもある(卒論は自らのサッカーの経歴をまとめたもの)。