UEFAチャンピオンズリーグ決勝でバイエルン・ミュンヘンに0-1で敗れたPSG。悲願の欧州制覇には一歩届かなかった。

『Canal』によれば、PSGのアンデル・エレーラは敗戦後にこう述べていたという。

アンデル・エレーラ(PSG MF)

「クソみたいな最悪の気分だ。

でも、僕らはクラブとサポーターのために重要なものを作り上げた。

明日、その全てについて考えるよ。今日は話すことも難しい。

このステージに戻ってくるためにトライする。全てを投げ捨てるつもりはない」

試合終了後、対称的な様子だった両チームの選手たち。PSGのアンヘル・ディマリアのこんな悲しげな表情も印象的だった(以下動画1分26秒~)。

言葉をなくしているように見える…。

【関連記事】なぜか代表チームから過小評価されている名選手たち

なお、リーグアンはすでに新シーズンが開幕しており、PSGは8月30日にランスと戦う予定。

【厳選Qoly】2024年、ヨーロッパで「優勝タイトルを獲得した日本人選手」15名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら