2014年にレアル・マドリーに加入したコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス。

同年に行われたFIFAワールドカップブラジル大会で躍動し、レアル移籍を決めたことは周知の事実だ。

6ゴールを決めて大会得点王になったハメスは日本代表も餌食にしている。『Marca』によれば、彼はポッドキャスト配信でレアル移籍についてこう明かしたそう。

ハメス・ロドリゲス

「(レアルからのオファー)

グループステージ第3戦の日本戦直前だった。マドリーが話し合いをしたがっていると伝えられた。

代理人のジョルジュ・メンデスからこう言われたよ。誰にも話すな、集中を切らすな、W杯以外のことは考えるなとね。

そして、僕は日本戦で比類ない試合をした。彼から電話があって、(レアル移籍が)起きるだろうと言われたんだ。でも、決勝トーナメントに集中しろとも言われた。

その後のウルグアイ戦で僕は素晴らしい2ゴールを決めた…。そして、僕たちは契約を結んだのさ」

コロンビアが1-4で勝利した日本戦でハメスは後半から出場して大暴れ。日本をズタズタにしたゴールシーンがこれ(以下動画14秒~)。

日本人としては何度見ても苦々しいシーンだ…。

【関連記事】日本vsコロンビア!代表選手たちの「美人嫁」を比べてみた

ウルグアイ戦で決めたスーパーゴール(動画19秒~)は2014年のプスカシュ賞に輝いている。