2019-20シーズンのUEFAチャンピオンズリーグは残り3試合となった。

悲願のビッグイヤー獲得を目指すPSGは準決勝でRBライプツィヒと対決する。

エースFWティモ・ヴェルナーが退団したライプツィヒだが、天才監督ユリアン・ナーゲルスマンのもとでアトレティコ・マドリーを撃破するなど躍進。

『RMC Sport』によれば、PSGのアンデル・エレーラは警戒心を強めているという。

アンデル・エレーラ(PSG MF)

「ライプツィヒにはCLで優勝するというプレッシャーがない。

それは僕らにとって危険になりうる。彼らは考えにとらわれないだろうからね。

僕らには自信がある。でも、このチームを軽視してはいけないよ」

攻守にわたって隙のないライプツィヒ。アトレティコ戦では終了寸前のピンチをこんな形で阻止している。

元リヴァプールのGKペーテル・グラーチが決死の飛び出し!

【関連記事】リヴァプール退団から「劇的復活」を遂げた7名

ライプツィヒ対PSGの準決勝は18日に行われる。

【厳選Qoly】2024年、ヨーロッパで「優勝タイトルを獲得した日本人選手」15名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら