日本人選手もプレーしたことがあるオランダのADOデン・ハーグ。

U-16チームに所属していた15歳の中国人FW王凯冉が悲劇的な事故にために亡くなったとクラブが発表した。5年半前に両親とともにオランダにやってきた彼は2017年からADOに所属していたという。

『De Telegraaf』によれば、王は10代の友人たちと出かけたビーチで行方不明になり、溺死体で発見されたという。

王と彼が亡くなった南オランダにあるモンステルという海岸の様子がこちら。

彼は予期せぬ激しい水流にさらわれたようだ。

【関連記事】都落ちじゃない!「中国で見事に復活した」7名の選手たち

友人2人はビーチにいた人に救助されたものの、2日間の捜索の後に王の遺体が見つかったという。

【厳選Qoly】2024年、ヨーロッパで「優勝タイトルを獲得した日本人選手」15名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら