バルセロナの生え抜きとして活躍を続けてきたアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ。このほど、故郷ロサリオに大きな支援を行ったようだ。

『AS』によれば、自らの財団を通じて、ロサリオにある病院に人工呼吸器50台を寄付したという。

新型コロナウイルスの流行によって医療危機にある医療センターを支援するためのものだそう。

50代のうちすでに32台はプライベートジェットによってロサリオに運ばれたとのこと。その人工呼吸器とメッシの最新スーパープレーがこれだ。

この中に人工呼吸器が入っている感じだろうか。

【関連記事】心も美しい?サッカー史上最強の「貴公子イケメン」10名

メッシは5月にもブエノスアイレスの病院に人工呼吸器を寄付するなど、母国の医療支援を行っている。