8月12日で30歳になるマリオ・バロテッリだが、今季も問題児ぶりは変わらなかった。

ブレシアとの関係はすでに崩壊しており、今夏ふたたび新天地を求めることになる見込みだ。

現在はルーマニアリーグを3連覇したCFRクルージュへの移籍が噂されている。ただ、現地では否定的な意見が出ている。

『DIGI Sport‏』によれば、GKギエドリュス・アルラウスキスがバロテッリを嘲笑したそう。元リトアニア代表の彼は昨季までクルージュでプレーしていた選手だ(今夏サウジアラビアへ移籍)。

ギエドリュス・アルラウスキス(元クルージュGK)

「ジュリオ・バチスタみたいに加入するか?

彼は引退に向かっているところだ、ろくでなしだしね。加入しないだろう。

CFRはフレッシュな人材を必要としている。昨季のパフォーマンスがふたたび出来るような選手をね。

チームメイトたちとプレーしていた時、自分の年齢(32歳)のことは考えなかった。

CFRが必要としているのはいい選手だ」

チームが必要としている人材ではないと斬り捨てていたそう。

なお、元ブラジル代表バチスタは2018年夏にクルージュへ加入するも、わずか3試合計42分のプレーでチームを去っている。

かつてレアル・マドリーやアーセナルでもプレーした“野獣”バチスタ。リヴァプールをボッコボコにしたこのゴールショーは衝撃的だった(以下動画8秒~)。

なんとアンフィールドで4ゴールの大暴れ!

【関連記事】あまりにも早く衰退した10名の「元・天才」

フリーキック(動画25秒~)と低空ミドル(37秒~)は必見だ。