市船時代に選手権を戦った経歴を持つお笑いコンビ「ペナルティ」のワッキーこと脇田寧人さん。

SNS上でJリーグの各節のナイスプレーを紹介してくれている。「6節ナイスプレー2」としてピックアップした「18分岩崎天才タッチからドリシュー」がすごかった。

湘南ベルマーレFW岩崎悠人が鹿島アントラーズ戦でやったそのスーパープレーがこちら(以下動画2分3秒~)。

確かにこのファーストタッチはすごすぎる…。難しいボールだったはずだが、ワンタッチで2人を置き去りにし、一気にスピードに乗って突進している。

【関連記事】J1全ユニからセレクト!今季の「かっこいいユニフォーム」10選

東京五輪世代の岩崎は22歳。今季は北海道コンサドーレ札幌からレンタルで湘南に加わっており、この日がJ初先発だった。リーグ公式によれば、1-0で勝利した試合後にはこう述べていたという。

岩崎悠人(湘南ベルマーレFW)

「今季リーグが開幕してからなかなか出られなかった。

その中で僕のサッカー人生初めてのJ1先発ということで、少し緊張したんですけど、思い切って自分の良さを出そうと思ってプレーしました。

要所要所で自分らしいプレーは出せたと思いますし、あとはやっぱり得点を決めたかったですけど、まずは良さを出してチームに貢献できたことが僕にとって第一歩だったかなと思います。」

「移籍してきてからなかなか試合に出られなかったので、今日こうやってプレーを皆さんに見ていただいて、後半交代になってしまいましたけど、交代時の拍手はすごくうれしかったですし、これからも続けていきたいなと思います。

チームみんなで勝ち取った勝点3なので、このまま勢いに乗って、次も良い準備をしてチームとしてしっかり戦っていければなと思います。」
ACLを観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら