かつてアーセナルで活躍した元オランダ代表FWデニス・ベルカンプ。彼にしかできないプレーを連発するまさに天才的選手だった。

その傑作のひとつが、2002年のニューカッスル戦でやった伝説ゴールだ。『fourfourtwo』の最新号でベルカンプはあのプレーをこう振り返ったそう。

デニス・ベルカンプ

「あのゴールから一週間は『あれは意図的だったの?』という質問を皆からされたよ。

自分にはその質問の意味が分からなかった。

数日間はテレビであのゴールを見なかったんだ。あまりに多くの人に聞かれるので、『よし、皆が見たものを自分も見なきゃな』と思った。

見直してみると、その意味が理解できたよ。

(ロベール・)ピレスからのパスは少しだけ自分の後ろだったので、その状況に体を適応させたのさ。

ワンタッチでゴールに向かいたかったからね。

ボールにタッチしたけれど、すでに体は反対側にターンしていた。だから、かなりいい感じに見えたのさ!

多くのゴールでは、選手は最後の瞬間にやることを決める。私も同じだった。

そういう風に見えるのは嬉しいし、皆がいまだに話題にしてくれるのも嬉しいね」

自分ではその凄さが分かっていなかったというベルカンプ。天才すぎる発言だ…。

その伝説ゴールがこちら(以下動画1分51秒~)。

これを意図的にやるとは信じられない…何度見ても凄すぎて理解不能!

【関連記事】編集部が選んだ、サッカー史上最もトラップが上手い選手ベスト10

当時アーセン・ヴェンゲル監督も「あのようなゴールをそう多く目にすることはないだろう。アンビリーバブルなゴールだった」と脱帽している。

【厳選Qoly】親の名前が強すぎる!父の跡を追う「オランダ最強レジェンド」の息子5名

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら