今季ユヴェントスに移籍したオランダ代表DFマタイス・デリフト。

イタリアへの適応に苦しみシーズン序盤は控えだったが、ここにきて主力の座を確たるものにしている。

先日にはこんな低空ヘッドでゴールも決めてみせた(以下動画5分20秒~)。

合わせるのが難しい微妙な高さだったお見事!

【関連記事】CBなのに「背番号2」で暴れる8人の守備者

『Tuttosport』によれば、デリフトは肩に負傷を抱えており、手術が必要な状況だという。だが、CB難にあるチーム事情を考慮して、それをシーズン後に先延ばしにしたという。

デリフトは昨年11月のアタランタ戦で右肩を脱臼したもののフル出場。ただ、その傷は癒えておらず、問題を解決するには手術をする必要があるという。

それでも自らがチームを離脱できない状況にあるため、手術を受けるのはシーズン終了後になったそうだ。