かつてローマで長くプレーし、「プリンチペ」とも呼ばれたフランチェスコ・トッティ。

昨年まではローマのディレクターとして仕事をしてきたものの、経営陣との意見の相違で退任。その後は自身のエージェント会社を作るなどビジネスマンとして活動している。

その一方、「トッティスポーティングクラブC8」というチームを作り、かつての仲間とともに8人制のサッカーリーグに参戦するなど、アマチュア選手としてもプレーを続けてきた。

そして、昨日行われたプレーオフのラツィオC8戦、52分にトッティが決めた強烈弾丸フリーキックがこれだ(上動画1時間0分30秒~)!

これは強烈!見事に地を這うようなシュートを叩き込んでいるぞ。

トッティスポーティングクラブC8はこれでラツィオC8に2-1と勝利を収めている。

【関連記事】「引退後も鍛えられている」元スター選手!40~50代の姿がこれ

ちょっと太くはなったものの、まだまだシュートのパワーは衰えないトッティ。レジェンドがプレーし続けているのを見るとなんだか嬉しくなってしまう。このようなイベントはどんどんやってほしい…。