ボローニャの日本代表DF冨安健洋がセリエA初ゴールを決めた。

サンシーロで行われたミラン戦で叩き込んだ圧巻のスーパーシュートがこれだ(以下動画1分42秒~)。

ゴール前でDFをかわすと、左足でシュートを叩き込む! 

GKジャンルイージ・ドンナルンマも反応できないトップコーナーに突き刺す文句なしのスーパーゴールだ。

【関連記事】今、欧州で注目すべき「デカい」サイドバック5名

『Corriere Della Sera』では、「ミランにボコられたボローニャ、唯一の喜びは冨安のスーパーゴール」と伝えたほか、『Eleven Sports Belgium』でも、「元シント=トロイデンの冨安がワールドクラスの一撃!」と伝えていたぞ。ミラン相手に日本人選手がゴールするのは、中田英寿さん以来だそう。

ただ、ボローニャは5-1で大敗。失点の多さについて聞かれたシニシャ・ミハイロヴィッチ監督は「説明するのは(ジークムント・)フロイトが必要だが、彼は亡くなっている。精神的な姿勢を変えなければいけない。ピッチ上での感情のコントロール法を知る必要がある」と答えていたとか。