8日の水曜日に行われたミッドウィークのJリーグ。前節サンフレッチェ広島に0-3と完敗したヴィッセル神戸は、敵地でサガン鳥栖との試合に臨んだ。

41分には酒井高徳がミドルシュートを決めた…かと思いきやオフサイドで認められず、なかなかスコアが動かない展開。

そんな中で75分に飛び出した衝撃的なゴールがこれだ(動画4:20~)。

イニエスタが戻したボールを山口が縦パス、そこからダイレクトで繋がり最後はドウグラス!アクロバティックに合わせてみせた。

【関連記事】イニエスタのゴールに歓喜して下半身不随になった男性、イニエスタに感謝する

まるで2000年のチャンピオンズリーグ決勝でスティーヴ・マクマナマンが決めたスーパーボレーのようだ…と『AS』でも取り上げられているぞ。