かつてスウェーデン代表として活躍したヘンリク・ラーション。セルティックで伝説となった彼のドレッド時代のスーパープレーがこれだ。

坊主も渋かったが、トレッドヘアも似合っていた。

【関連記事】「ゲイ、コカイン…突然の引退から復帰した4つのケース」

彼の弟ロバートは薬物の過剰摂取によって2009年に35歳で亡くなっている。ポッドキャスト配信『the Lockdown Tactics』に登場したヘンリクは、弟の死を乗り越えるのは難しかったとつつ、誰かと話すことの重要性を唱えていた。

ヘンリク・ラーション

「スコットランドにいた頃、弟はドラッグをやっていた。

彼の状況を知っていながら、毎週プレーするのは簡単じゃなかった。

最後に彼はオーバードーズをした。プレッシャーを感じていた両親は毎晩心配していた、自分も時折ね。それは簡単ではなかった。

自分はたくさん話してきたし、今日まで妻と話してきた。他人とは話したくなかっただろう話題についてね。

気持ちを共有するのが大事だと思う、誰かから助けてもらうために。

弟が亡くなった後、気分がすぐれない時期があった。自分のなかに多くの疑問があったからね。

『正しい状態になるために誰かに話す必要がある』と妻に言われてそうしたんだ。

専門家のもとを尋ねたし、妻と様々なことについて話し合った。その後、気持ちがかなりましになった。

(苦しんでいる状態の)メンタルヘルスについて誰かと話すのは大事だしいいことだと思う。それは恥ずかしいことではないのでね」