サッカー界でもはやお馴染みとなったVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)。

先日行われたラ・リーガ第34節ビジャレアル対ベティス戦ではこんな出来事が話題になった。フランス代表MFナビル・フェキールがVARを殴りつけたシーンがこれ。

バコンッとピッチ脇のVARモニターを殴る…!

フェキールは前半アディショナルタイムにヘスス・ヒル・マンサーノ主審から立て続けにイエローカードを貰って退場。1枚目の際には審判に向かってボールをブン投げるほど感情的になっており、その直後にDFへのタックルで2枚目を貰ってしまった。

主審に皮肉を込めたサムアップをしてピッチを去ったフェキール。ピッチを出るまでは感情を押し殺していたが、ロッカールームに戻る前にそれが爆発してしまったようだ。

【関連記事】「リヴァプール移籍が幻に消えた8人の大物スター」

0-2で敗れたベティスのアレクシス・トルヒージョ監督は、うちの選手たちは他のチームと同じようには守られていないと苦言を呈していたとか。