マジョルカの久保建英はラ・リーガ第34節アトレティコ・マドリー戦にフル出場した。

久保は対峙した同じ年のDFマヌ・サンチェスをズタズタにするなど何度も相手守備を切り裂いた。その圧巻プレーがこれ(以下動画32秒~)。

いきなり動画冒頭では、サウールを含めて3人を置き去りに!

動画3分~の場面では、スペイン代表MFコケまで抜き去っているぞ。そのほか、久保は4分48秒~、6分~、6分35秒~のシーンでも右サイドを攻略してチャンスを演出した。

【関連記事】「2020年の最優秀若手選手」候補、TOP20

チームは3-0で敗れたが、『Marca』は「敗戦のなかでも久保のパフォーマンスは突出していた。このパフォーマンスは世界中のサッカースクールで見せるべきだ。まだ18歳(実際は19歳)だが、マジョルカの同僚たちよりもはるかに優れている」と評価していた。

ただ、18位のマジョルカは降格危機にある。久保本人は「17位セルタとの勝点差は5あるし、他チーム次第だ。だが、残り4試合を勝てば可能性はある」と述べている。