先日、ユヴェントスとの契約を1年間延長したGKジャンルイージ・ブッフォン。

来年1月で43歳になるが、先日のコッパ・イタリア決勝ではこんなスーパーセーブを見せつけている(以下動画55秒~)。

すげぇ…。並のGKなら股を抜かれていたはず。

【関連記事】「受験生に捧ぐ!実は大学に通っていた有名サッカー選手」

そんなブッフォンが引退後は高校生へ戻る宣言をしたようだ。

『Corriere della Sera』によれば、同世代の元バレーボール選手ジャコモ・シンティーニとのInstagramライブでこんな発言をしていたそう。

ジャンルイージ・ブッフォン(ユヴェントスGK)

「引退したら長期休暇をとるよ。自分と家族のために時間を捧げることができる。

(引退後に)高校の5年目を終わらせなければいけない。両親から30年間も言われているからね」

10代半ばでプロデビューしたブッフォン。両親から高校を卒業しろと言われて続けられることにウンザリしており、引退後に最終学年を修了させる予定だとか。

なお、外務省によれば、イタリアの学制は「5-3-5(ただし、専攻によって差異あり)」だとか。