2日に行われたマンチェスター・シティ対リヴァプール。

既に優勝を決めているリヴァプールを、2位のマンチェスター・シティの選手たちが拍手で迎える…試合前にはそんなフェアな場面も。

しかし、キックオフしてみればピッチ内では激しいプレーが繰り広げられた。一進一退の展開の中、先制したのはシティだった。

24分にスターリングのドリブルからジョー・ゴメスのファウルを誘い、PKを獲得。それをデ・ブライネが決めた(動画1:59~)。

すると流れは一気にシティへ。2:51~では速攻からスターリングの追加点が決まってリードを拡大させることに成功。

4分~ではうまいワンツーでの抜け出しから新星フィル・フォデンが鮮やかなシュートを叩き込み、スコアは3-0となった。

【関連記事】「シティのリヴァプールへの“花道”は下らねぇ!」 元リヴァプール選手が苦言

さらに5:35~ではロドリのロングボールからデ・ブライネのスルーパスが通り、スターリングがとどめを刺す4点目を決めている。