アーセナルは1日、「ブカヨ・サカとの契約を延長した」と公式発表した。

7歳からアーセナルの下部組織で育成されてきたサカは、今季トップチームでのプレーで大ブレイクを果たしていた。

もともとはウインガーであったが、コラシナツやティアニーら怪我人の続出もあって左サイドバックにコンバートされ、新たな活躍の場を見いだしていた。

彼の契約は18歳になる前に結ばれていたために、かなり控えめな条件になっていたものの、今回ついに延長されることが決まった。

アナウンスでは期間が明かされていないが、メディアではおそらく「2024年までの4年間」延長されたと考えられているそう。その際の動画がこれだ。

まだ18歳とは思えないようなプレー。技術の高さ、身体能力の優秀さを感じさせる。

【関連記事】アーセナルで「17歳以下のプレミアデビュー」した9名、今はどこに?

今季はこれまで11アシストという記録を作っており、これはセスク・ファブレガスが2006-07シーズンに達成して以来となる「10代による2桁アシスト」である。