ドイツ各地で行われたブンデスリーガ最終戦。

RBライプツィヒのティモ・ヴェルナーはアウクスブルク戦で2ゴールを叩き出し、1-2の勝利に貢献した。

これでライプツィヒ史上最多得点者になったヴェルナー(159試合で95ゴール)は、1シーズンのアウェイゴール数でもユップ・ハインケスのブンデス記録(17得点)に並んだ。

すでにチェルシー移籍が決まっているヴェルナーはこれがライプツィヒでのラストゲーム。後半37分で交代する際にはこんな光景が。

チームメイト、スタッフ、監督とハグ!彼の思いが伝わってくるようなシーンだった。

【関連記事】「愛されながらも、クラブと別れることになった10人のレジェンド」

試合後にはライプツィヒで素晴らしい時間を過ごせたと語ったヴェルナー。うまくいっていない時でも支えてくれたチーム、チームメイトたちへの感謝も口にしていた。