先日突如日本サッカー協会が招致からの撤退を表明したことで話題を集めた2023年女子ワールドカップ。

25日に行われたFIFAの理事会においてその開催地が選定され、投票の結果22票を集めたオーストラリア&ニュージーランドの共同開催案が採択された。

なんとシドニーのオペラハウスにプロジェクションマッピング!これは美しい…。

FIFA会長のジャンニ・インファンティーノ会長の発表によれば、決勝戦についてはシドニーにあるスタジアム・オーストラリア(ANZスタジアム)で行われるとのこと。

会場はオーストラリアの7都市とニュージーランドの5都市が使われ、それらのスタジアムは既に建設されているそうだ。

2023年女子ワールドカップは、チーム数を24から32に拡大して行われる初めての大会。

【関連記事】女子サッカー界初!あのバロンドール選手がNIKEと「最低10年のメガ契約」

そこでアジアサッカー連盟所属のオーストラリアとオセアニアサッカー連盟所属のニュージーランドが共同開催するという事実は、大会の拡大を象徴するような選択であったともいえるだろう。