レアル・マドリーの主将を務めているスペイン代表DFセルヒオ・ラモス。

先日のレアル・ソシエダ戦ではPKでラ・リーガ68点目のゴールを決め、オランダ人DFロナルト・クーマンが持つDFとしてのリーガでの得点記録を塗り替えた。

24日には久保建英が在籍するマジョルカ戦でも2試合連続のゴールを決めたが、これがまたすごかった!(動画2分33秒~)

えぐすぎ…。

競り合いの中で自らが得た至近距離からのフリーキックを、おそらくはどんなGKでも止められないであろうコースに決めて見せた。

この試合では久保もフリーキックを放つ場面があったが枠外に。この完璧なゴールをどのような心境で見つめていただろうか。

【関連記事】Qoly編集部が厳選!サッカー史上最高のフリーキッカーベスト10

今季の8点目は1シーズンの自己最多に。試合はレアル・マドリーが2-0で勝利し、再び首位に浮上している。