ついに再開されたプレミアリーグ。そのなかで、アーセナルMFマッテオ・グエンドゥージはブライトン戦での行為が物議を醸している。

相手FWニール・モペの首を絞めた衝撃シーンがこれ。

完全に首を掴んでいる…。

接触したGKベルント・レーノを負傷退場に追い込むような形になったモペ。彼が終了間際に決勝ゴールを決めた後、この事件が起きた。

ただ、『BBC』によれば、FA(イングランドサッカー協会)はグエンドゥージに対して何らかのアクションを起こすことはないとのこと。

グエンドゥージの行為はスタジアムの審判員たちは見ていなかったものの、VARがチェックしていたという。両クラブに注意が与えられただけで、処分は科されないことになった。