22日、日本サッカー協会(JFA)は「2023年のFIFA女子ワールドカップ招致活動から撤退することを決定した」と発表した。

2023年に行われる予定となっていた女子ワールドカップを開催するため、日本サッカー協会は様々な招致活動を行なってきた。

その開催地については今月25日のFIFA執行委員会において決定されることになっていたが、それを前にしてJFAは撤退を決断することになった。

理由は、これまで数多くのFIFA大会を開催してきた日本での開催が世界的な普及につながらないという意見があるという点、そして先日行なわれたFIFAの開催地評価においてオーストラリア・ニュージーランド共同開催案が日本を上回ったことであるとのこと。

今回撤退を決断し、アジアの票をオーストラリア・ニュージーランド共同開催案に一本化することによって、よりAFCの連帯を強固にするという狙いもあるとのこと。

なお、ブラジルも8日に撤退を決定しているため、残っている開催地候補はオーストラリア・ニュージーランド共同開催案とコロンビアの2つのみとなっている。