サッカー選手が明かした驚きの話が話題になっている。

発言者はチリのデポルテス・イキケというクラブに所属するアルゼンチン人MFグスタボ・ロレンセッティ。 彼はウニベルシダ・デ・チレで同僚だったギジェルモ・マリーノについて驚きの話を述べた。

『Lado B』という番組でこんな秘話を明かしていたそう。

グスタボ・ロレンセッティ(元ウニベルシダ・デ・チレMF)

「ギジェルモは練習に遅刻したのは宇宙人に誘拐されたからだって言ったんだ。

彼は自分が感じたものを全て説明したよ。

彼らは魂を奪って分析する、その一方で、“旅”の間はずっと世話してくれたとか、そんな話をね。

自分は彼のことを信じたよ、ギジェは真面目な人間だからね。

彼はかなり信じていて、多くの本を読んでいた。彼のことを信じなくちゃいけないよ。

その後、ギジェがホルヘ・サンパオリ(当時の監督)にも同じ話をしたかは分からない。

でも、ギジェのことを知っていたから彼も信じたに違いない。

『ディスカバリーチャンネル』みたいな人さ(笑)」

すでに引退しているギジェルモ・マリーノは、ボカ・ジュニオルスで10番も着けたアルゼンチン人MF。

視野の狭さはあったものの技術は一級品だった選手だ。メッシも愛するニューウェルスに所属していた時代にはこんなゴラッソもぶち込んでいる。

 

ファン熱狂!アシストしたのはオルテガだろうか。

【関連記事】“奇妙な陰謀論”を信じた7名のサッカー選手たち

マリーノはこの一撃で2004年のニューウェルス優勝に貢献している。

三笘薫とユニオンが止まらない!DAZN、1ヶ月無料登録はこちら