遂に再開されたブンデスリーガ。

フランクフルトの長谷部誠と鎌田大地はミッドウィークのフライブルク戦に揃って先発フル出場した。チームはこの試合でも厳しい戦いを強いられるも、後半34分に待望の瞬間が訪れる。

鎌田が決めた記念すべきブンデス初ゴールがこれだ!(以下動画4分50秒~)

諦めなかったことで生まれた泥臭いゴール!一旦はボールを奪われるも、相手の隙を見逃さすに押し込んだ。

この追撃弾で1点差としたフランクフルトは、長谷部も絡んだ3点目(動画5分26秒~)を奪って、3-3の引き分けに持ち込んでいる。

【関連記事】もちろん日本人もいるぞ!ドルトムント「最強のお買い得補強」ベスト10

フランクフルトは連敗がようやく4でストップ。試合後にアドルフ・ヒュッター監督は「10番(の位置)に大地を置くのは非常にうまくいった」と述べており、今後もこの形で行くのかもしれない。