5月10日は、オランダの伝説的な選手であるデニス・ベルカンプの51歳の誕生日であった。

かつてティエリ・アンリとアーセナルで極上2トップを形成した彼は機械のように正確な技術を持ち、特にトラップ(ボール止める技術)に関しては現在でも歴史上で最高の一人と考えられている。

今なお語り継がれる“伝説”のトラップがこれ!

いつ見ても変態!

世界を見渡せば、足元の技術が優れた選手は珍しくない。しかしながらベルカンプはただ技術に優れていただけではなく、二手・三手先まで読みながらそれを激しく動くピッチの上で表現できる思考力を持っていた。

2002年3月2日、セント・ジェームズパークでのニューカッスル戦で生まれたこの一発は「サッカー史上最高のトラップ」の一つとして語り草となっている。

【関連記事】アーセナル「2010年代、最悪のイレブン」+サブ6人

なお、ベルカンプの最近の姿はこんな感じ。

絵にかいたような理想のお父さん!