先日、ドイツの首相を務めるアンゲラ・メルケル氏が許可を出したことにより、ブンデスリーガの再開が決定した。

これまで同国では7000人ほどの死者を出している新型コロナウイルスであるが、経済的な打撃を抑制するために制限を緩和するとともに、感染再拡大に備えた緊急措置を準備することも明らかにされている。

これを受けてドイツ・ブンデスリーガは再開に向けた詳細なスケジュールを決定。その結果、5月16日に無観客で公式戦を行うことを決めたとのこと。

ドイツフットボールリーグの発表によれば、残りの試合は5月16日~6月28日までの間に行なわれることになるとのこと。

なんと再開一週目からシャルケ04対ボルシア・ドルトムントのルール・ダービーが開催。あのアーリン・ホーランをいきなりビッグマッチで見られる…。

ブンデスリーガに加入してからもゴールを量産するホーラン、こんな動画が公式から出るほどだ。

圧倒的なスピードとシュート精度、ペナルティエリアでの抜け目なさ…まだ20歳とは思えない。

ただ、今回試合会場には選手、スタッフ、関係者含めておよそ300人ほどしか入ることができず、サポーターが会場周辺に集まることも禁止される。

【関連記事】復活のノイアー、「絶景の自宅トレーニング」がこれ

試合については無観客で行なわれ、テレビやインターネットでの放送については無料にするかどうかを検討しているそう。