新型コロナウイルスの影響によって中断されているリーグ戦の再開を目指しているプレミアリーグ。

チェルシーのフランク・ランパード監督は再開は望んでいるとしつつ、優先されるべきなのは医療従事者だと述べた。『BT Sport』とのやり取りのなかでこう発言したのだ。

フランク・ランパード(チェルシー監督)

「選手とスタッフの健康と安全は非常に大きなものだ。

我々は誰もが見たくてたまらないコンタクトスポーツをプレーしている。だが、選手たちを危険に晒さないためにはどうすればいいのか。

別の問題は検査だ。

もし練習を再開しようとすれば、コブハム(チェルシーの練習場)には少なくとも70~80人のスタッフがいることになる。

定期的に検査をすることが正しい。だが、世界的に見れば…フットボールにとって大事なのは、いつもの位置にいることだと思う。

この2か月間で、NHSやケアワーカー、素晴らしい仕事をしている人々が受けた検査数は分からない。

もし最前線で闘う人達が検査を受けることが確実にならないのであれば、自分だけでなく誰にとっても納得できるものではないと思う」

ただ、『Guardian』によれば、プレミアリーグは、公衆衛生のニーズに影響を与えることなく、再開に向けて必要とされる検査キットを自前で確保できると確信しているそう。

実際、プレミアリーグのクラブは、1日につき7人を検査できるCOVID-19の検査機器を1台3.6万ポンド(481万円)で購入したという。

【関連記事】さわりすぎ?セクハラ?女性ファンへの「身体検査」がこれ

この検査機器では1人の結果が出るまで2時間半がかかるが、クラブが複数台を購入することも見込まれているようだ。