新型コロナウイルスの影響によって中断されているプレミアリーグ。トッテナムの韓国代表FWソン・フンミンはこのタイミングで兵役に入ることになった。

彼は2018年のアジア大会優勝によって21か月間の兵役義務は免除されているが、3週間ほどの基本的な軍事訓練は受けなくてはいけない。

『MBC News』などによれば、ソンは済州島で海兵隊の訓練を開始したとのこと。彼が海兵隊第9旅団に入所する際には、ファンや住民、取材陣など100人ほどが集結したそう。

午後2時前だったというその際の様子がこちら。

確かに結構な数の人が集まっている…。

【関連記事】 「アジア最高のサッカー選手で組む最強ベストイレブン」

マスクにキャップ姿だったソン。18日間の訓練課程を経て、来月8日に退所する予定だそう。