20年以上に渡ってアーセン・ヴェンゲル氏が指揮したアーセナル。有望な若手選手を引き抜いてきた一方、獲得に失敗した大物も少なくなかったとされている。

元アーセナルの交渉担当者がいくつかの獲得失敗例の裏側を明かした。

『The Athletic』によれば、2009~2018年までその職にあったディック・ロウ氏がこう述べたそう。

ディック・ロウ(元アーセナル交渉担当)

「(2016年に)レスターとの取引、選手との取引は完了していた。

彼(ジェイミー・ヴァーディ)は妻レベッカとともに訪問にきて、アーセンの前にあるソファに座った…。その後になって彼は身を引いたんだ。

レスターに帰る途中の彼から電話があった、一晩考えさせて欲しいと。

その時点で、よくない知らせだと分かるものだ」

「フアン(・マタ)は間違いなくアーセナルに来たがっていた。

そのことについては疑問の余地はなかった。だが、チェルシーのほうが高い金額を提示したんだ」

ビック6相手に無類の強さを誇るヴァーディ。アーセナル戦では10試合で9ゴールとまさにカモにしている。その最新ゴールがこれ!(以下動画19秒~)

 

もしあの時に移籍が完了していれば…。ヴァーディは2016年以降のアーセナル戦で6ゴールを叩き出している。

フアン・マタについてもバレンシアから引き抜けるはずが、チェルシーにさらわれてしまったそう。