中国超級リーグを何年もの間席巻してきた強豪、広州恒大。現在は新型コロナウイルスの影響で試合を開催できていないが、一方で新しい本拠地の建設をスタートさせたという。

現在広州恒大は天河スタジアムという1987年オープンの会場を使っており、そこには最大6万人を収容することができる。

しかし『CNA』によれば、新しく建設されるスタジアムの収容人数は10万人になるとのことで、世界最大クラスのものになる。

そのイメージ映像がこれだ。

蓮の花をモチーフとした真紅のデザインだが、屋根のカラーはその時に応じて変化させることができる。

また屋根の内側には映像を投影でき、スコアを表示することも可能であるとか。

この競技場は2022年末までに完成予定であるとのことで、建設費用はおよそ120億元(およそ1830億円)となっているそう。

セルティック旗手がブレイク!DAZN、1ヶ月無料登録はこちら