今年1月に現役を引退した元イタリア代表MFダニエレ・デロッシ。

ローマの生え抜きだった彼がアルゼンチンに移籍したのは驚きだったが、実はプレーしてみたかったプレミアリーグのチームがあったそう。『Sky』のインタビューでこう明かしたという。

ダニエレ・デロッシ

「マンチェスター・ユナイテッドでプレーしてみたかったね。

ガキの頃からユナイテッドがずっと大好きだったんだ」

デロッシが隠れファンだったというのは、ユナイテッド。

ローマとユナイテッドといえば、2006-07シーズンのUEFAチャンピオンズリーグで「7-1」というとんでもないスコアになった一戦がある。

デロッシもあの試合に出場しており、チーム唯一の得点となるこんなスーパーゴールを決めている(以下動画50秒~)。

トッティのクロスをほぼ後ろ向きのままボレーで突き刺す!こりゃすげぇ…。

憧れのオールド・トラッフォードでスーパーゴールを決めたものの、チームは大惨敗。当時のデロッシはどんな感情だったのだろうか。