新型コロナウイルスの影響により、各国のリーグ戦は中断を余儀なくされている。

長い冬休みが明けたところだったロシアでも、4月10日までの中断が決まった。再開の目途が立っていない国も多いなか、ロシアはゲームで大会を続けるとか。

『Sports.ru』によれば、本当の選手たちが『PES2020(海外版ウイニングイレブン)』で第23節からプレイするという。 今作のウイイレにはロシアプレミアリーグ全16チームが搭載されている。

無観客仕様?になっているゲーム映像がこれだ(以下動画49秒~)。

『Fastest League』と名付けられたトーナメントは今日28日から4月5日までの日程で行われるそう。

首位ゼニトからは得点ランクトップのロシア代表FWアルチョム・ジュバが参戦。そのほか、得点ランク2位のロストフFWエルドール・ショムロドフ、ディナモのドミトリー・スコピンツェフ、ソチのクリスティアン・ノボアもプレイするそう。

実際のリーグ戦順位とPESでプレイする8節での順位を加味したスーパーファイナルを開催するとのこと。