昨季の大躍進から一転して、今季は苦難を味わっているトッテナム。

エースFWハリー・ケインが負傷で今季絶望となるなか、その穴を埋める活躍を続けてきた韓国代表FWソン・フンミンも離脱となってしまった。右腕を骨折しており、今週中に手術を受けると発表されたのだ。

『Evening Standard』によれば、ソンが今季ふたたびプレーすることを見込んでいるかと聞かれたジョゼ・モウリーニョ監督はこう答えたそう。

ジョゼ・モウリーニョ(トッテナム監督)

「私は見込んでいない。

(スパーズ幹部は)非常に楽観的だったので、1,2試合はプレーするかもしれないし、それが正しいことを願う。

だが、私の考えはノーだ。それを考えてはいない」

個人的にはソンが今季プレーすることはないだろうと述べていたとのこと。昨年11月の就任時にはモウリーニョとソンにこんなシーンがあった。

意図的ではないシカトシーンも話題になったが、モウリーニョはソンを非常に高く評価している。