27日に行なわれたローマ・ダービー。

スタディオ・オリンピコで行なわれたローマ対ラツィオの試合は、お互いに譲らず1-1のドローに終わっている。

話題になっているのは、その試合を観戦に訪れたローマのOBダニエレ・デ・ロッシの姿だ。

先日ついに現役引退を発表した彼は、もちろんローマの大レジェンド。愛するクラブのサポーター席でこの試合を観戦するという夢を叶えるため、なんとこんな姿になっていたという…。

これはすごい…妻は「数時間かかった」と書いているほど。

それだけのエネルギーでオリンピコを訪れたデ・ロッシであるが、残念ながら古巣の勝利を目にすることはできなかったようだ。

ただ、妻によれば「彼はまるで子供のように幸せそうだった」とのこと。素直に愛するクラブを応援できるという嬉しさを噛み締めていたのだろう…。