23日に行われたウォルヴァーハンプトン・ワンダラーズ対リヴァプールの試合で、南野拓実がプレミアリーグでのデビューを飾った。

前半でサディオ・マネが怪我のためにプレー続行不可能となり、クロップ監督が送り出したのはなんと南野拓実だった。

4-4-2の左サイドに配置された南野は、ファーストタッチで落ち着いたパスを見せると、さらにトリッキーなトラップで魅せる!

さすが南野、突然の大舞台でも落ち着いたプレーだ…。後半は右サイドにポジションを移しており、60分には惜しいシュートも放っている。

まだチームに馴染んでいない部分は見て取れるものの、前半から投入されるなど期待をかけられた南野。これからどのような活躍をしてくれるだろうか。なお、試合はまだ続いている。