プレミアリーグ第24節、チェルシー対アーセナルのダービーマッチがスタンフォード・ブリッジで行われた。 

試合は驚きの展開に。前半26分でアーセナルDFダヴィド・ルイスが一発退場になってしまったのだ。そのシーンがこれ(以下動画21秒~)。

DFシュコドラン・ムスタフィのひどいパスミスから大ピンチが到来。すると、タミー・エイブラハムを後ろから倒してしまったルイスに一発レッドカードが提示された。

これで数的不利となったアーセナルはPKで先制されるも、終了間際の劇的得点もあり、2-2の引き分けに持ち込んでいる。

ミケル・アルテタ監督は退場になったルイスについて、「とても特別な試合であんな形で退場になったことに彼はがっかりしていた。だが、それと同時に(同点に追いついた)チームメイトたちのことを誇りに思っていた」と述べていた。