カターレ富山とキットサプライヤーのGoldwinは13日、2020年シーズンの明治安田生命J3リーグで使用する新ユニフォームを発表した。

2019年シーズン前半戦は勝ち点が伸びず低迷したが、後半戦は5連勝を達成するなど好調を維持。J2昇格争いに参戦したが、終盤でチームの勢いにブレーキがかかる。結局、最終的には4位でシーズンを終え昇格を逃したが、後半戦の戦いぶりは2020年シーズンに期待を抱かせるものだった。

Kataller Toyama 2020 Goldwin Home

カターレ富山 2020 Goldwin ユニフォーム

2020年モデルは各ユニフォームで共通のグラフィックを採用。2019年モデルではアウェイユニフォームのデザインに選ばれた立山連峰をモチーフとしている。

カターレ富山 2020 Goldwin ユニフォーム

天を突くようにそびえ立つ富山県の最高峰、立山連峰。雄大で秀麗な山々が刻み込む数々の「峻険な峡谷」を切り開いて突き進み、頂(いただき)に向かってのぼってゆく様を描いた。これはJ3リーグの頂点を勝ち取る戦いをその景観に重ね、強い決意を表すデザインとなっている。

カターレ富山 2020 Goldwin ユニフォーム

シャツ、パンツ、ソックスのコンプリートはこのような感じに。シャツはグラデーションで裾側が色濃くなってるため、パンツのダークネイビーと調和が取れている。

キットサプライヤーは、クラブが2008年に現在の体制となって以来、Goldwin((株)ゴールドウイン)で継続している。