ギラヴァンツ北九州とキットサプライヤーのPenalty((株)ウインスポーツ)は18日、2020年シーズンの明治安田生命J2リーグで使用する新ユニフォームを発表した。

J3リーグを最下位という屈辱的な成績で幕を閉じた2018年シーズン。クラブは巻き返しを図るべく、2019年は小林伸二新監督体制でスタートする。チームは開幕4連勝と最高のスタートを切ると、その後も安定して上位をキープ。第27節で首位に浮上すると最後までその座を明け渡さず、J3初優勝と4年ぶりのJ2昇格を決めた。

Giravanz Kitakyushu 2020 Penalty Home

ギラヴァンツ北九州 2020 Penalty ユニフォーム

新サプライヤーのPenaltyとともに4年ぶりのJ2リーグを戦う新ユニフォーム。2019年モデルに比べ、レッドの占める割合が増えている。アシンメトリー(左右非対称)デザインが新鮮な印象だ。

ギラヴァンツ北九州 2020 Penalty ユニフォーム

イエローからレッドに変化するライングラデーションを交互に配置したデザイン。これは、北九州の自然を照らす太陽の光の帯をイメージし、パワー溢れる多彩な攻撃と、決して崩れない堅固な守備を表現している。

ギラヴァンツ北九州 2020 Penalty ユニフォーム

シャツ、パンツ、ソックスのコンプリートはこのような感じに。パンツの色は昨季のレッドからネイビーへ変更となった。